logo

サムスン、箱形に折りたためるディスプレイでデザイン特許を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子の「Galaxy Fold」が発売延期になり、ファーウェイ(華為技術)の「Huawei Mate X」にも米国の禁輸措置が影を落とし、折りたたみスマートフォンの雲行きが怪しくなってきた。

 しかし、折りたたみ技術に関するアイデアはLGエレクトロニクスによる透過式ディスプレイ搭載デバイスの特許、Samsung Displayによるクルクル丸められるディスプレイの特許、サムスンによる2カ所で折れ曲がるスマートフォンのデザインパテント(意匠特許)など、盛んに提案されている。

 そんななか、Samsung Displayは箱形に折りたためるディスプレイを考案。米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間5月7日にデザインパテント「DISPLAY DEVICE」(特許番号「US D847,814 S」)として登録された。出願日は2017年9月28日。

登録されたSamsung Displayのデザインパテント(出典:USPTO)
登録されたSamsung Displayのデザインパテント(出典:USPTO)

 このデザインは、3カ所で折れ曲がる長方形の薄いディスプレイに関するもの。広げた状態だと一般的な平面ディスプレイだが、折り曲げると直方体状に変形する。平面ディスプレイとして全面に情報を表示し、直方体でも複数の面に表示ができる。

平面ディスプレイとして使える(出典:USPTO)
平面ディスプレイとして使える(出典:USPTO)
箱状にして複数の面に表示可能(出典:USPTO)
箱状にして複数の面に表示可能(出典:USPTO)

 ディスプレイの長辺部分には、「のりしろ」のような形状のものが飛び出している。のりしろ部分の表面には電極のようなものが描かれているものの、その機能は不明だ。

のりしろ部分の機能は不明(出典:USPTO)
のりしろ部分の機能は不明(出典:USPTO)

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]