logo

サトシ・ナカモト名乗る実業家、ビットコインのホワイトペーパーの著作権を申請

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年05月22日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想通貨「ビットコイン」の発明者だと名乗るオーストラリアの実業家Craig Wright氏が、元々の発明者として知られているSatoshi Nakamoto氏のホワイトペーパーの著作権を申請した。

Chesnot / Getty Images
提供:Chesnot / Getty Images

 Wright氏は2016年に自身がNakamoto氏だと名乗り出ていた

 米著作権局の目録には、同氏が申請した「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P電子通貨システム)」および「Bitcoin.」というタイトルのファイルがある。

 CoinGeekのプレスリリースによると、Wright氏は2019年4月に両方の著作権登録について承認されたという。

 「Wright氏はビットコインのクライアントソフトウェアのバージョン0.1の大半を記述しており、今回の登録は同氏が著作した部分に対するものだ」とプレスリリースに記されている。

 本稿公開時点でビットコインの価格はおよそ8000ドルとなっており、1カ月前の5300ドルから上昇している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]