logo

アウディ、信号機とクルマの通信システムを運用開始--青信号で通過できる速度を案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Audiは、道路に設けられた信号を自動車で通過する際のストレスを軽減させるため、信号機と自動車間のデータ通信システム「Traffic Light Information」をドイツのインゴルシュタットで運用開始する。

信号通過時のストレスを軽減(出典:Audi)
信号通過時のストレスを軽減(出典:Audi)

 このシステムは、自動車と交通インフラ間を結ぶ(V2I:Vehicle to Infrastructure)技術を利用して得た信号の状態と自動車の速度などのデータから、交差点を効率よく青信号で通過できるよう判断するもの。

 接近中の信号機が青の場合、どれだけの速度で走行して進めば青信号で通過できるかドライバーにアドバイスする「Green Light Optimized Speed Advisory(GLOSA)」機能で、コンソールパネルやヘッドアップディスプレイ(HUD)に最適な速度が表示される。制限速度を上回らないと間に合わないか、赤信号になっている場合は、「Time-to-Green」機能で青信号に変わるまでの時間がカウントダウン表示される。

青信号で通過するのに最適な速度をアドバイス(出典:Audi)
青信号で通過するのに最適な速度をアドバイス(出典:Audi)
青信号に変わるまでの時間を表示(出典:Audi)
青信号に変わるまでの時間を表示(出典:Audi)

 将来的には、収集した自動車のデータにもとづいて信号を制御することで、より効率よく走行できるようにしたいとしている。

 利用可能な自動車は、Audiの「e-tron」全モデルと、「A4」「A6」「A7」「A8」「Q3」「Q7」「Q8」のみ。さらに、カメラによる信号認識オプションを加えた「Audi connect Navigation & Infotainment」システムを使う必要がある。

 インゴルシュタットでは、早ければ7月にTraffic Light Informationシステムの運用が始められる。2020年より、欧州のほかの都市でも順次開始する計画。

Traffic Light Informationの紹介ビデオ(出典:Audi)


 なお、米国ではすでに2016年より同様のシステムが運用され、現在5000カ所以上の交差点の信号が対応しているそうだ。

 米CNETの報道によると、Traffic Light Informationの利用は有料で、Audiの「Connect Prime」サービス契約が必要。米国での料金は、6カ月199ドル(約2万1780円)または18カ月499ドル(約5万4615円)という。

Traffic Light Informationの紹介ビデオ(出典:Audi USA/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]