logo

A.L.I.がドローンによる緑化ソリューションを提供--農業への応用も可能

西中悠基 (編集部)2019年05月15日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.L.I.テクノロジーズは5月15日、広島県の呉市に対し、緑化プロジェクト向けのドローンソリューションを提供したと発表した。

緑化プロジェクト向けソリューションで活用するドローン
緑化プロジェクト向けソリューションで活用するドローン

 今回提供したソリューションでは、ルート設定による自動飛行機能のほか、緑化用種子や肥料を自動で散布する機能を持つドローンを使用。ドローンの安全管理を担う操縦士も、ドローン操縦士養成スクール「DRONE BUSINESS ACADEMY」より派遣する。

ルートを設定することで、自動で種子を散布する
ルートを設定することで、自動で種子を散布する

 広島県呉市では、2018年7月の記録的豪雨により、大規模な土砂災害が発生した。被害を受けた地域を緑化するには、危険手当を含む多大な人件費が必要となる。今回のソリューションを活用することで、人力作業では危険度が高い場所において、種子散布期間の短縮や費用の削減、作業員の安全確保が可能となる。

 A.L.I.は、今回のソリューションは多様な種子の散布に対応しているとし、農業や芝生化のような、広範囲の種子散布にも適しているとする。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]