logo

「Facebookやアマゾンを思い出して」--UberのCEO、株価続落で従業員にメッセージ

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年05月14日 09時14分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間5月10日の上場初日に低調な滑り出しを見せていたUberの株価は、取引2日目もそのまま続落した。

 CNBCによると、配車サービスを展開するUberの最高経営責任者(CEO)を務めるDara Khosrowshahi氏は13日午前、この先の問題を見据え、士気を高めることを目的としたメッセージを従業員に送ったという。

Uberの最高経営責任者(CEO)を務めるDara Khosrowshahi氏
UberのCEO、Dara Khosrowshahi氏
提供:James Martin/CNET

 「どのような移行期間にも、浮き沈みはつきものだ」とKhosrowshahi氏は記しているという。「当社の株価が、われわれがIPO後に期待していたほどうまくは推移していないことは確かだ。13日も株式市場は厳しい1日となっており、当社株価に関しては同様の傾向が続くと私は考えている」(Khosrowshahi氏)

 Uberが新規株式公開(IPO)を実施した10日午前の初値は、公募価格の45ドルよりも3ドル低い、1株あたり42ドルだった。この上場初日を通して、株価はほとんど上昇しなかった。終値は41ドルで、8%近く下落した。

 週明けの13日になると、状況はさらに悪化した。取引は1ドルあたり38ドルで開始し、一時は公募価格を約20%下回る36ドルまで落ち込んだ。

 Khosrowshahi氏は従業員宛てのメモで、Facebookが上場時には低調だったが、その後公開企業として復活したことを指摘した。

 「FacebookやAmazonがIPO後の取引で大いに苦戦していたこと、そしてその後にどれだけの業績を上げたかを思い出してほしい。われわれの進む道も同じだろう。市場のセンチメントは一夜にして変わらないし、今後数カ月は公開市場で苦しい時を過ごすことになるだろう。だが当社には、利益率と利益改善への道を示すのに十分なだけの資本がある」とKhosrowshahi氏は記している。

 同氏はメッセージの中で、同社のIPOについては14日に開かれるUberの全社ミーティングでさらに話し合う予定だと述べた。株式市場の反応にもかかわらず、同CEOは依然として前向きな姿勢を示している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]