logo

Windows 10の生体認証機能「Windows Hello」がFIDO2認定を取得

Liam Tung (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年05月10日 13時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Windows 10」の生体認証システム「Windows Hello」がFIDO2認定を取得した。パスワードの廃絶を目指す取り組みで、Microsoftがまた新たな節目を迎えた。

 この認定は、5月に一般向けリリースが予定されている「Windows 10 May 2019 Update」(バージョン1903)に適用され、Windows HelloがFIDO2対応の「認証システム」として承認されていることになる。

 今後、「FIDO Certified」のロゴのある新しいWindows 10搭載デバイスが登場することになるだろう。FIDO2規格を採用するバージョン1903にアップグレードしたすべてのPCで、Windows Helloを利用してオンラインアカウントにサインインできるようになる。

 Windows 10 1903のFIDO2認定は、Microsoftのソフトウェアのみにとどまらない。Windows 10 1903では、「Mozilla Firefox」最新版のユーザーが、Windows Helloを利用して、「Microsoft Account」やFIDO対応サイトにログインできるようになる。「Chromium」ベースの「Microsoft Edge」でも、近く同じ機能をサポートスる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]