logo

最大22時間駆動--ガーミン、ランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズの新モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガーミンジャパンは5月9日、ランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズの新モデルとして、「ForeAthlete 245」(Black Slate、Amp Yellow)と「ForeAthlete 245 Music」(Black Red、White Black、Black Aqua)を5月10日より予約開始、5月16日に発売すると発表した。

キャプション

 また、「ForeAthlete 945」(Black、Blue)を6月上旬に発売する。希望小売価格は、ForeAthlete 245が3万4800円(税別)。ForeAthlete 245 Musicが3万9800円(税別)。ForeAthlete 945は6万9800円(税別)。

 ForeAthleteシリーズは、同社製品を代表するシリーズのひとつで、健康志向の人から本格的なアスリートまで、目的に合った機能とデザインが人気のGPSランニングウォッチ。

 新モデルでは、ライフログ機能や通知機能など、スマートウォッチとしての機能だけでなく、ランニング中の緊急時などに、選択した連絡先と自分の現在地を共有できる「セーフティ機能」を新たに搭載している。

 ForeAthlete 245は、ForeAthlete 235の後継機種。フィットネスレベルを示すVO2 max値、有酸素および、無酸素トレーニングの効果、トレーニングのパフォーマンス状況を分析し、トレーニング不足や過度のトレーニングを表示できるGPSランニングウォッチとなっている。

 また、バッテリー稼働時間が、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大22時間と、ForeAthlete 235の最大11時間から大幅に向上した。

 別売のランニングダイナミクスポッドを利用すれば、ランニングフォームの分析が可能。ウォッチのスクリーン上でも分析を確認できる。

 加えて、自分が休息をすべきか体を動かすべきか、タイミングを示してくれる「BODYBATTERY」機能を新たに追加した。

 ForeAthlete 245 Musicは、音楽再生機能を追加し、LineMusic、Spotify、AWAなどの音楽アプリ、PCなどから最大500曲をウォッチにダウンロードでき、Bluetooth対応のイヤホンとの同期により、スマホなしで音楽が楽しめるのが特徴。

 ForeAthlete 945は、マルチスポーツ機能を搭載したForeAthlete 935の後継機種。ランニングダイナミクスや光学式心拍計、トレーニングステータス、フィットネスレベルを示すVO2 max値などの細かいデータ取得など、パフォーマンス向上のための機能を充実させた最上級のGPSランニング/トライアスロンウォッチとなっている。

 バッテリー稼働時間は、GPSと光学心拍計を起動させた状態で最大32時間と、ForeAthlete 935の最大21時間から大幅に向上している。また、暑さや高度による順応を表示する機能も追加した。

 このほか、音楽再生機能(最大1000曲をダウンロード可能)と、Visaのタッチ決済「Garmin Pay」機能を搭載。3機種ともリストバンドの付替えに対応している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]