logo

アイリス、12.5億円の資金調達--インフルエンザ診断支援AI医療機器の薬事承認目指す

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AI医療機器ベンチャーのアイリスは5月7日、塩野義製薬、Beyond Next Ventures2号を引受先とする12.5億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

キャプション

 同社は、2017年11月に設立し、人工知能技術を用いた高精度・早期診断対応のインフルエンザ診断支援AI医療機器を開発している。

 臨床研究法に則った臨床試験を既に実施しており、今後は治験や薬事承認に向けて開発を進めるという。

 今回の調達資本をもとに、開発中のインフルエンザ診断支援AI医療機器の薬事承認、保険償還をより早期に目指す。

キャプション

 また、2019年4月4日付で取得した「第一種医療機器製造販売業」許可とあわせ、医療機器を開発する上で求められる品質管理や安全管理に対する体制もより充実させるとしている。

 なお、第一種医療機器製造販売業許可の取得により、すべての医療機器の製造販売が可能となり、既に取得していた第三種医療機器製造販売業許可のもとで製造販売可能であった一般医療機器(クラスI)に加え、管理医療機器(クラスII)ならびに、高度管理医療機器(クラスIIIおよびIV)を含めたすべての医療機器の製造販売が可能となっている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]