logo

FANTAS technology、技術顧問に明治大学教授の高木氏--不動産価格の見える化推進

加納恵 (編集部)2019年05月08日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FANTAS technologyは5月8日、AIを駆使した投資用不動産の価値、見える化サービス「FANTAS check」の精度向上のため、技術顧問として明治大学教授の高木友博氏を迎えたと発表した。

技術顧問の高木友博氏とFANTAS technology 代表取締役 國師康平氏
技術顧問の高木友博氏とFANTAS technology 代表取締役 國師康平氏

 不動産の買取価格は、不動産業者や担当者が主観的に算出することが多く、価格の算出方法や情報の不透明性が課題とされていた。FANTAS technologyでは、客観的に適正価格を算出し正当な価格で買取するため、保有する12万室のマンションデータを分析し不動産の適正価格を算出する「FANTAS check」を開発。マンション名や号室を選択すると、オーナーが実際の売却額を知ることができるサービスを提供し、課題解決を目指している。

 高木氏は、計算型人工知能の一種であるファジィ理論の権威。マーケティング理論にも精通し、高精度推薦エンジン、高精度ターゲティングとマーケティング全体の高度デジタル化に関する先端的研究を行っている。

 今回高木氏を技術顧問に迎え、さらなる技術開発を強化する方針。明確な基準がない国内不動産市場の賃料相場を算出できる仕組みを構築し、ワンルームマンション市場にはなかった適正価格から賃料相場までを、簡単に調べられるサービスを目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]