logo

リストグループ会社、築古の賃貸物件をリノベーション--IoTデバイス導入へ

加納恵 (編集部)2019年04月25日 16時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リストプロパティーズは4月25日、自社所有のリノベーション賃貸物件にIoTデバイス「インテリジェントホーム」導入したと発表した。スマートロック、ドア窓センサー、家電コントローラーといった機器を設置し、スマートフォンやタブレットから宅内の確認や家電の操作ができる。

リノベーション後の室内
リノベーション後の室内
スマートロックを完備
スマートロックを完備

 導入したのは、横浜市保土ヶ谷区にある築44年の賃貸物件「ヒルトップマンション」。リノベーションに合わせ、IoTデバイスを導入したという。賃貸物件への導入はグループ内で初めて。リノベーションは、エイムズが担当した。築古の物件は、オートロック等の防犯システムが設置されていないこともあるが、スマートロックやドア窓センサーといったIoT機器を導入することでそのようなデメリットを補えるとしている。

 リストプロパティーズは、総合不動産企業であるリストグループの事業会社。他物件においてもIoTデバイス等の先進技術を取り入れたスマートホームの提供を検討していくという。

「ヒルトップマンション」
「ヒルトップマンション」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]