logo

母の日にレストランでスマホなしで会話を--OpenTableが米国などでキャンペーン

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月25日 06時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 母の日が間近に迫っている。母親に何か特別なことをして日頃の感謝を示すのは良いことだが、母親が本当に望んでいるのは一緒に時間を過ごすことで、その際スマートフォンは見ないほうが良さそうだ。

 レストラン予約アプリの「OpenTable」は米国時間4月23日、「#DiningMode」というキャンペーンを発表した。この全国キャンペーンは母の日に母親と過ごす際、スマートフォンを見ずに会話をして絆を深めることを目的としている。およそ500のレストランがこのキャンペーンに参加しており、当日の来店時にスマートフォンの利用を控える客に無料の飲み物やデザートなどのサービスを提供する。

Screenshot by Shelby Brown/CNET
OpenTableの#DiningModeは母親のためにスマートフォンの電源を切ることを推奨する
提供:Screenshot by Shelby Brown/CNET

 OpenTableが実施した調査で、18歳以上の米国人の40%が母親との食事中にスマートフォンを使用したため叱られた経験があることが明らかになった。同じ調査で、73%の回答者が母の日の食事はスマートフォンの使用を控えるべき最も重要な機会だと回答している。この調査は3月に18歳以上の米国人1000人を対象に行われた。

 18歳以上の米国人の85%が食事中に少なくとも一度はスマートフォンを見ていることが調査により明らかになった。「今回の母の日に#DiningModeに参加することによって、レストラン利用者は自分たちの母親に注意を集中させ、素晴らしい食事を取りながら絆を深める機会を持てる」とOpenTableのチーフダイニングオフィサーのCaroline Potter氏はリリースで述べた。

 米国でこのキャンペーンに参加しているレストランのリストは、OpenTableのページで確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]