logo

定番フォントの新ファミリー「Helvetica Now」登場--現代的な使い方に合うデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォントメーカーのMonotype Imagingは、新たな書体ファミリー「Helvetica Now」を発表した。世界で広く使われている定番フォントファミリー「Helvetica」をデザインし直したもの。各フォントの字形、太さ(ウェイト)やサイズなどの違いによる見た目は、ウェブサイトで確認できる。

新たな書体ファミリー、Helvetica Nowをリリース(出典:Monotype)
新たな書体ファミリー、Helvetica Nowをリリース(出典:Monotype)

 Monotypeによると、これまでに作られたフォントは過去30年のあいだに開発された用途を想定してデザインされておらず、適さない重要な分野が存在するという。そこで、Helveticaおよび「Neue Helvetica」をベースに可読性を高めるなどして、現代的な使い方に合うようデザインを見直したそうだ。

現代的な使い方に合うデザイン(出典:Monotype)
現代的な使い方に合うデザイン(出典:Monotype)

 用途やサイズに合わせて最適な字形や字間が選べるように、「Micro」「Display」「Text」の3タイプを設定。ウェイトは「Hairline」「Thin」「Extra Light」「Light」「Regular」「Medium」「Bold」「Extra Bold」「Black」「Extra Black」の全10種類を用意し、そのうちDisplayが10種類、Textが8種類、Microが6種類。それぞれに斜体(イタリック体)を設けることで、全48種類構成とした。

Micro、Display、Textの3タイプ(出典:Monotype)
Micro、Display、Textの3タイプ(出典:Monotype)
ウェイトは全10種類(出典:Monotype)
ウェイトは全10種類(出典:Monotype)

 価格は、ウェイト1つあたり35ドル(約3,920円)、またはセットで299ドル(約3万3000円)。

Helvetica Nowの紹介ビデオ(出典:Monotype/Vimeo)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]