logo

メルセデス・ベンツ、EV用バッテリー生産工場を新設--カーボンニュートラルで運営

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Daimler傘下のMercedes-Benzは、ドイツのウンターテュルクハイム工場に電気自動車(EV)用バッテリーの生産工場を新設する。ウンターテュルクハイム工場は6つの付属工場群で構成されており、バッテリー工場はブリュールにある敷地に建設する。

バッテリー工場を新設(出典:Mercedes-Benz)
バッテリー工場を新設(出典:Mercedes-Benz)

 ブリュールで建設を開始した工場は、面積が1万2000平方m。二酸化炭素(CO2)排出量と吸収量を等しくする、カーボンニュートラル状態で運営するという。

EV用バッテリーを生産する(出典:Mercedes-Benz)
EV用バッテリーを生産する(出典:Mercedes-Benz)

 現在Mercedes-Benzは、3大陸の7カ所で合計9つのバッテリー工場を稼働中。このバッテリー生産ネットワークを構築するにあたり、10億ユーロ(約1253億円)以上の資金を投じている。

 なお、Daimlerは「Mercedes-Benz」ブランドの全車種で、EVモデルまたはハイブリッド車(HV)モデルを設定する計画

全車種にEV/HVモデルを設定へ(出典:Daimler)
全車種にEV/HVモデルを設定へ(出典:Daimler)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]