logo

VAIO、15.6型ノートPC「VAIO S15/Pro PH」発売へ--5年半ぶりのフルモデルチェンジ

坂本純子 (編集部)2019年04月10日 12時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは4月10日、15.6型ノートPC「VAIO S15」(個人向け)と「VAIO Pro PH」(法人向け)を発売すると発表した。最速お届け日は4月19日。

「VAIO S15」(個人向け)と「VAIO Pro PH」(法人向け)。カラーはブラックとシルバーの2種類
「VAIO S15」(個人向け)と「VAIO Pro PH」(法人向け)。カラーはブラックとシルバーの2種類

「快」を追求したフルモデルチェンジ

 A4フルノートPCとしてはVAIO創業以来初、5年半ぶりのフルモデルチェンジを果たしたモデルだ。

 デザインを一新し、チルトアップヒンジにより、最適な傾斜がキー入力時の手首への負担を軽減。アルミのパームレストで、美しさと強さを両立した。タッチパッドは、従来モデルよりも面積を拡大し、2ボタン付きの高精度なタッチパネルを搭載している。

新旧サイズ・デザイン比較。ラウンド型からシャープなデザインに
新旧サイズ・デザイン比較。ラウンド型からシャープなデザインに

 フルモデルチェンジによって、VAIO PCのメインストリームラインとして人気の高い「S Line」のVAIO S11/S13/SX14と統一されたデザインに変わった。

「S Line」のVAIO S11/S13/SX14と統一されたデザインへ
「S Line」のVAIO S11/S13/SX14と統一されたデザインへ

 プレミアムノートPC向けの第8世代インテル CoreTM i7プロセッサー(6コア/12スレッド)、4Kディスプレイ、Ultra HDブルーレイ対応の次世代光ディスクドライブを搭載。大容量32GBメモリーを選択できる。Thunderbolt 3対応 USB Type-Cを搭載し、トリプルディスプレイ出力に対応する。キーピッチはキーボード部分が約19mm、テンキー部分が約16mm。

パームレストもアルミに一新
パームレストもアルミに一新

 市場想定価格は、個人向けカスタマイズモデル(ソニーマーケティング取扱)が11万9800円(税別)~、個人向け標準仕様モデルが22万9800円(税別)~。法人向けカスタマイズモデルは、ソニーマーケティング取扱が12万2800円(税別)~、VAIO取扱が14万4800円(税別)から。

裏面比較。薄くなっている印象だが、チルトアップヒンジにより一部高さが出ているため、スペックとしては22.0~26.0mm(新モデル)。2017年モデルは25.1mm
裏面比較。薄くなっている印象だが、チルトアップヒンジにより一部高さが出ているため、スペックとしては22.0~26.0mm(新モデル)。2017年モデルは25.1mm

価格かパフォーマンスか、二極化が進む据え置き型ノートPC市場

 ノートPC市場において、据え置き型ノートPCは、「価格重視層」とCPU性能やストレージの速度などを求める「パフォーマンス重視層」の二極化が進んでいるという。

 VAIOによれば、旧S15/PHはVAIO PCの中でもVAIOを指名買いするユーザーが最も多く、そのユーザーの多くがパフォーマンスとVAIOらしさを評価していると分析。ユーザーの要望を反映しながら、ユーザーの期待の先をいくパフォーマンスの実現を目指して開発した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]