logo

AIタブレット教材「Qubena」がワークブック機能を公開--クラス単位の学習状況を把握

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 COMPASSは4月10日、AI型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」と学習管理ツール「Qubena Manager(キュビナマネージャー)」において、集団指導に特化した新機能「ワークブック」の提供を開始したと発表した。

キャプション
ワークブック機能

 同社によると、小学校で3割、中学校で5割、高校で7割の生徒が学習カリキュラムについていけなくなってしまう(教育七五三)と言われているという。そこで、この課題の解決に向けて、AIを活用した個別最適化学習(アダプティブラーニング)と、その学習データを分析・可視化することで子どもたちの学習をサポートしてきた。

 今回追加したワークブック機能では、集団指導の学習管理を強化。クラスの学習進度や学力レベルに応じた、演習・テスト・宿題などをQubena上でワークブックとして作成して配信でき、クラス単位の学習進度や理解度、問題ごとの正答率などをQubena Managerでリアルタイムに把握できるようになる。加えて、ワークブックの作成時には、生徒が解答に要する予測時間が提示されるため、授業などの限られた時間の中でも活用できるという。

 なお、2019年4月より、青翔開智中学校、近畿大学附属中学校をはじめとする全国の中学校・高等学校10校における、数学の集団授業でQubenaの導入が決定しているという。



CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]