logo

クラウド環境で3Dレンダリング--A.L.I.がテスト版サービスを募集開始

西中悠基 (編集部)2019年04月05日 18時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.L.I.Technologiesは4月5日、クラウドレンダリングサービスのテスト版ユーザーを募集開始したと発表した。

 クラウドレンダリングサービスは、A.L.I.が独自開発したアルゴリズム「A.L.I. PlantHarv」を用い、同社がAMDと共同開発したレンダリングパワープールにて、3Dレンダリング処理をクラウド上で実行できるようにするもの。レンダリングソフトは、AMDの「RADEON Prorender」を採用。ユーザー側が使用する3Dモデリングソフトについては、「3DsMax」や「BLender」など、さまざまな製品に対応する。

クラウドレンダリングサービスのシステム概要
クラウドレンダリングサービスのシステム概要

 3Dレンダリングを実行するには、ワークステーションへの投資やメンテナンスコストなど、初期投資・維持に要する費用が負担となっていた。クラウドレンダリングサービスを活用することで、GPUへの初期投資が不要となり、従量課金制の環境で、レンダリング処理を高速かつ安価に実行できるようになる。

 テスト版の料金形態については、利用データ量や形態に応じて個別に協議する。A.L.I.は今後、テストローンチでのフィードバックや反響をふまえ、2019年秋にプロダクト版をリリースするとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]