logo

TSUTAYA、旭屋書店を子会社化--2015年からTポイントなどで連携

加納恵 (編集部)2019年04月01日 21時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TSUTAYAは4月1日、旭屋書店と東京旭屋書店の株式を取得し、子会社化したと発表した。

 旭屋書店は、1946年に大阪で創業。現在、国内13店舗、海外1店舗を展開している。TSUTAYAとは、2015年のTポイントプログラムの導入を皮切りに連携を開始。2018年に書籍販売のフランチャイズシステムであるTSUTAYA BOOK NETWORKに加盟し、データベースを活用した消費動向分析を元にした商品展開や作品選定、共同フェアの実施、TSUTAYAオリジナル商品の展開など、「生活提案の場」としての書店をともに作ってきたという。

 今後は、70年以上の歴史を持つ旭屋書店のノウハウとTSUTAYA独自のデータベース・マーケティングや企画力、CCCグループのリソース・知的資本と掛け合わせ、新しいライフスタイル提案型の書店づくりを加速させていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]