logo

写真で見る「Nintendo Labo: VR Kit」のToy-Conたち--“遊び”を支えるコントローラー

佐藤和也 (編集部)2019年04月05日 10時28分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Nintendo Switchとともに、VRコンテンツの遊びを提供するToy-Conたち。

 Nintendo Switchとともに、VRコンテンツの遊びを提供するToy-Conたち。

 任天堂が4月12日に発売する「Nintendo Labo: VR Kit」。VRコンテンツを楽しむためのToy-Conを中心に、写真でお届けする。

 Nintendo Laboは、ゲーム機の「Nintendo Switch」と組み合わせて遊ぶことができる段ボール製の工作キット。VR Kitでは、6つのToy-Conを組み立てて活用することで、VRコンテンツを体験できるものとなっている。

 ベースともいえるToy-Conの「VRゴーグル」は、2眼タイプ。このVRゴーグルのみでも楽しめるコンテンツもあるが、「バズーカToy-Con」、「カメラToy-Con」、「ゾウToy-Con」、「風Toy-Con」、「トリToy-Con」とそれぞれ組み合わせることで、さまざまな遊びを体験することができる。それぞれ見た目で名前を象徴するようなToy-Conとなっている。

   フルセットのNintendo Labo: VR Kitは7980円(税別)。VRゴーグルとバズーカToy-Conのみのお試し版と言える「ちょびっと版VR Kit」は3980円(税別)で、追加して楽しみたい場合は、「カメラ&ゾウ」と「トリ&風」の組み合わせとなる「ちょびっと版VR Kit 追加Toy-Con」も、各2000円(税別)で別売する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]