logo

クラウド型勤怠管理「AKASHI」、年次有給休暇の取得状況を一元管理できる新機能

佐藤和也 (編集部)2019年03月28日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、クラウド型勤怠管理システム「AKASHI」について、「年次有給休暇管理簿」機能の提供を、3月27日から開始した。利用企業は、従業員の労働時間を正確に把握、適切に管理するための「36協定機能」とあわせて利用することで、4月1日から順次施行される働き方改革関連法について、速やかに対応することが可能としている。

 AKASHIは、マルチデバイス(PC、iPad、スマートフォン、Xperia Hello!、FeliCaカード、専用打刻機)対応のクラウド型勤怠管理サービス。シンプルなデザインと操作性で、マニュアルがなくても簡単に管理が行えることを特徴としている。

年次有給休暇管理簿(イメージ)
年次有給休暇管理簿(イメージ)

 今回の年次有給休暇管理簿機能については、年次有給休暇の取得時季、取得日数、基準日などを従業員ごとに記録。それらを事業場ごとに作成、保管することも可能としている。

年次有給休暇管理簿 年休取得状況 従業員用(イメージ)
年次有給休暇管理簿 年休取得状況 従業員用(イメージ)

 従来から提供されている36協定機能では、従業員別に労働時間や時間外労働時間を一覧で可視化したり、各企業で定められた労働時間を超過する場合に警告を通知したりすることが可能。法令遵守に加え、従業員・管理者双方において正確な労働実態把握、勤怠管理を実現できるとうたう。

 AKASHIでは利用可能な機能に応じ、タイムレコーダープラン(月額200円/人)、スタンダードプラン(月額300円/人)、プレミアムプラン(月額400円/人)を提供。36協定機能は全プランで利用可能、年次有給休暇管理簿はスタンダードプラン以上で利用可能としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]