logo

MIT、対象物を包み込んで持ち上げるロボット用グリッパー--重い物でも優しく

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マサチューセッツ工科大学(MIT)コンピュータ科学および人工知能研究所(CSAIL)とハーバード大学の研究チームは、伏せた漏斗(じょうご)のような形をしていて、多彩な形状の物体を傷つけず持ち上げられるロボット用グリッパーを開発した。重い物を持ち上げる力もあり、実験では重さが4ポンド(約1.8kg)以上あるビンを持たせることにも成功したという。

重い物を優しく持ち上げられる(出典:MIT CSAIL)
重い物を優しく持ち上げられる(出典:MIT CSAIL)

 このグリッパーは、折り紙のように折りたたまれた構造の、マジックボールという円すい形をしており、対象物にかぶせて萎ませることで物をつかむ。包むように保持するため、従来のロボットアームなどと違って多彩な形状の対象物を持てるうえ、対象物の正確な位置を把握することなくつかんで持ち上げられる。

 卵を割らずに優しく持てるほか、自重の最大100倍重い物を持ち上げる力も備える。たとえば、リンゴ、缶、ボトル、ワイングラスなど丸みを帯びた物だけでなく、金づちや本、サンドイッチといった形の物も持てる。

開発したグリッパーの紹介ビデオ(出典:MIT CSAIL/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]