logo

Slack、ヘイトグループ関連のアカウント28件を削除

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年03月15日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Slackは米国時間3月14日に投稿したブログで、ヘイトグループとつながりがある28のアカウントを削除したと発表した。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

 「ヘイトグループによるSlackの利用は、私たちの企業理念に反するものであり、容認できるものではありません」「特定の属性を持つ個人や集団に対し、憎悪や暴力行為を煽動するためにSlackを利用することは、Slackのカンパニーバリュー、さらにはサービスの基本目的に反するものです」(Slack)

 FacebookやYouTube、Twitterなど、他のテクノロジ企業も、自社プラットフォームでヘイトコンテンツに対処してきた。

 Slackは、違法または有害な動機で同社のプラットフォームを利用している団体を見つけた場合は、調査して「適切な措置」を講じるとしている。近く利用規約を更新して、この問題に対する姿勢をより明確にする予定だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]