logo

フォルクスワーゲンがEV化を加速、10年で70モデル設定へ--2050年にはCO2ニュートラル

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)は、電気自動車(EV)シフトの流れを加速させ、2028年までにグループ全体で70車種弱のモデルでEVを設定すると発表した。2017年9月に示した計画「Roadmap E」では、約50モデルをEV化する予定だった。

70車種弱をEV化(出典:VW)
70車種弱をEV化(出典:VW)

 これまでは、2025年までに新発売する電気モータ駆動タイプの自動車において、約50モデルにEV、約30モデルにプラグインハイブリッド車(PHV)を設定するとしていた。今回の計画見直しにより、1500万台だった今後10年間のEV生産台数が2200万台へ増える見通しとなった。そして、VWグループのEV率が2030年には40%を超えるという。

 VWは、EVシフトと並行して全体的な二酸化炭素(CO2)排出の削減を進め、CO2の排出量と吸収量を等しくするカーボンニュートラル状態を2050年までに実現させることで、パリ協定の目標達成を目指す。製造から管理にいたる全部門でCO2排出削減策を実施し、再生可能エネルギーから作った電力の利用を推進するほか、カーボンオフセットも活用するとしている。

 なお、VWはグループ会社のElli Groupを通じ、100%再生可能エネルギーから作った電力を販売する電力小売り事業「Elli」にも取り組んでいる。

電力小売り事業「Elli」(出典:VW)
電力小売り事業「Elli」(出典:VW)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]