logo

フォルクスワーゲン、2030年までに全300車種でEV/PHV販売--アウディやポルシェも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)は、2025年までに80種類以上のモデルで電気自動車(EV)またはプラグインハイブリッド車(PHV)を設定し、2030年にはグループ全体で約300種類以上あるモデルのすべてにEV/PHVを設定する計画「Roadmap E」を発表した。同社は、自動車業界で最大の電化キャンペーンとしている。


全車種にEV/PHVを設定へ(出典:VW)

 2025年までに新発売する電気モータ駆動タイプの自動車は、約50モデルがEV、約30モデルがPHVの予定。2030年には全世界、全ブランドの車種に電動モデルが設定され、「Audi」「Porsche」「Bentley」「Bugatti」などでもEV/PHVが選択可能になる。


アウディやポルシェも対象(出典:VW)

 この大規模な電化シフトに向けて、VWは2030年までに200億ユーロ以上を投資し、EV/HPV用プラットフォーム2種類の新規開発、工場改修、従業員教育を実施する。同時に、充電施設および販売店の整備にも取り組む。


プラットフォーム開発や工場改修などに200億ユーロ以上を投資出典:VW)

 VWは、同社グループで使うEV/PHV用リチウムイオン電池を賄うため、2025年には年間150GWh以上のバッテリ容量が必要になると予想。この需要に対応するため、中国、欧州、米国の企業と協力しつつ、さらに500億ユーロを投入する方針だ。

 なお、VWは2025年までに世界の主要EVメーカーになることを目指し、年間200万台から300万台のEV/PHV販売を目標にしている。


年間200万台から300万台のEV/PHVを販売する計画(出典:VW)

-PR-企画特集