logo

フォルクスワーゲン、DXなどで7000人削減へ--EVシフト強化で技術職は2000人増

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Volkswagen(VW)は、業務のデジタル化や自動化、事業の電気自動車(EV)シフト強化などにともなって従業員の配置を見直し、2023年までに5000人から7000人の人員削減を実施すると発表した。

 必要とする人員の減少は、デジタルトランスフォーメーション(DX)による効率化や、繰り返し作業の自動化によるものが中心。人員削減は、定年などによる退職者の補充を実施しないことで対応する。

 その一方、VWは2019年をEVシフト戦略強化と、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減に向けての重要な年と位置付けており、電子回路アーキテクチャおよびソフトウェアに関する技術開発職で新たに約2000人の雇用を増やすという。

 こうした改革を進めるため、2019年から2023年にかけての投資金額を190億ユーロ(約2兆3990億円)へ増やすとした。これは、当初計画より80億ユーロ(約1兆101億円)多い。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]