logo

テスラ、店舗閉鎖を一部撤回--代わりに約3%値上げへ

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月12日 08時34分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaは米国時間3月10日、店舗の多くを閉鎖するという計画を一部撤回した。

提供:Andrew Caballero-Reynolds/AFP/Getty Images
提供:Andrew Caballero-Reynolds/AFP/Getty Images

 Teslaは閉鎖する予定だった店舗の約半数を残し、ハイエンド車種である「Model 3」「Model S」「Model X」の価格を「世界中で平均3%ほど」引き上げると発表した。

 価格改定は、3万5000ドル(約390万円)の新型Model 3には適用されない(これを市場に投入することが、当初の店舗閉鎖計画の理由だった)。また、3月18日まで適用されないため、購入を検討していた人は、注文までまだ1週間の猶予がある。

 すでに閉鎖された店舗のうち、「知名度の高い立地」にあった数軒は、店員を減らして再オープンする。

 同社は「世界中のすべての販売は今後もオンラインで行われるということを明確にしておきたい。Teslaの購入を検討していて店舗に来店した顧客にはただ、スマートフォンで数分で注文する方法を紹介することになる」としている。ただし、車両をすぐに手に入れたい顧客のために、店舗には少量の在庫を用意する。

 Teslaは、店舗の20%について数カ月間調査を続け、その後、残すか閉店するかを決めるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]