logo

パナソニック、光学16倍の高倍率ズームのレンズ一体型カメラ「LUMIX DC-FZ1000M2」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは3月11日、大型1型センサーと光学ズーム16倍(25〜400mm)を特徴とするレンズ一体型デジタルカメラ「LUMIX DC-FZ1000M2」を3月23日に発売すると発表した。

 
 

 同製品は、1型大型高感度MOSセンサー(有効画素2,010万画素)と歪曲・収差を抑え、周辺部まで高い解像力を誇る、LEICADCVARIO-ELMARITレンズを採用したレンズ一体型デジタルカメラ。レンズは開放F値がF2.8-F4.0、光学16倍ズーム(25〜400mm)だ。

 ズーム全域で周辺まで高い解像度と美しいボケ味を実現しているほか、新たに最小絞り値F11に対応し、撮影の自由度が高められている。

 また、望遠撮影で被写体を見失った時に、ワンボタンでズームアウトして被写体を素早く見つけられる「ズームバック機能」を新たに搭載したほか、大型で見やすくなったOLEDファインダー(約0.74倍、約236万ドット)、タッチAF・タッチパッドAFなどが可能なフリーアングルタッチパネルモニター(3型、約124万ドット)の搭載に加え、前後ダイヤルやレンズ側面部への3連ファンクションボタンなど、撮影に集中できるよう操作性を向上させている。

 秒間30コマで決定的瞬間を捉えられる「4Kフォト」も、動きの速い被写体のベストな一瞬に対応した「4K連写」、いつ起こるかわからないシャッターチャンスをに対応した「4K連写(S/S)」、シャッターチャンスの瞬間に合わせて撮りたい時に利用する「4Kプリ連写」の3つのモードに対応。

 このほか、撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト&フォーカス合成」、決定的瞬間の写真選択の手間を軽減できる「オートマーキング」、一連の動きを1枚の写真に合成する「軌跡合成」、複数の写真を合成して印象的な写真を作れる「比較明合成」などの機能を搭載している。

 さらに、従来のモノクロームに加え、質感表現を追求した「L.モノクローム」、ハイライトとシャドウを強調しつつもディテールを残した「L.モノクロームD」をフォトスタイルに追加。さらに幅広いモノクロ表現が可能となった。

 なお、「モノクローム」「L.モノクローム」「L.モノクロームD」では、フィルム写真の質感を表現する粒状感を弱、中、強から設定できるようになっている。

 サイズ(約)は、幅136.2mm×高さ97.2mm×奥行131.5mm。重量(約)は、810g(本体、バッテリー、メモリーカード含む)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]