logo

ファーウェイ、13インチフルビューディスプレイモデル「HUAWEI MateBook 13」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は、MateBookシリーズの新製品として、第8世代インテル Core i7/i5プロセッサーを搭載した13インチフルビューディスプレイモデル「HUAWEI MateBook 13」を3月15日より順次発売する。

キャプション

 市場想定売価は、Core i5モデルが9万9880円(税抜)、Core i5モデル(Microsoft Office Home & Business 2019プリインモデル)が12万2880円(税抜)、Core i7モデルが12万9880円(税抜)、Core i7モデル(Microsoft Office Home & Business 2019 プリインモデル)が15万2880円(税抜)。なお、Core i5モデルは3月15日、Core i7モデルは3月下旬頃に発売する。

キャプション

 HUAWEI MateBook 13では、MateBookシリーズの特徴である電源ボタン一体型指紋センサーをはじめ、NFCを経由して非接触でファイル転送ができる「Huawei Share OneHop」など同社独自の機能・技術を搭載。本体の厚さ約14.9mm、重さ約1.28kgで、約14.7時間稼働する長時間バッテリー(15分間充電するだけで約2.5時間の使用が可能)を搭載し、持ち歩きに適したサイズになっている。

 デザインにおいても、ベゼル幅を約4.4mmにまでそぎ落とし、画面占有率約88%の没入感の高い13インチ高精細2K(2160×1440dpi)フルビューディスプレイ(sRGB100%、コントラスト比1000対1)を搭載。ボディもメタルボディにダイヤモンドカットを施し、手に馴染みやすく持ちやすくなっている。

キャプション

 また、すべてのモデルに多彩なインターフェース(HDMI、VGA、USB Type-C、USB Type-A)をサポートする多機能ドック「MateDock 2」を同梱する。

キャプション
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]