logo

2018年版「MacBook Pro」、画面の不具合にケーブル2mm伸長で対処か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月06日 06時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは「flexgate(フレックス疑惑)」と呼ばれる問題に対処するために、2018年版「MacBook Pro」に小さな変更を加えたらしいと、分解サイトのiFixitが報じている。

MacBook Pro
MacBook Pro
提供:Sarah Tew/CNET

 この問題をめぐっては、2018年から不満の声が多数あがっている。2016年以降のMacBook Proの一部でバックライトの問題が生じ、ディスプレイ下部にステージライトのような効果が発生するケースから、バックライトが完全に故障するケースまでもが報告されている。

 iFixitは2019年1月、根本原因は、数年にわたって端末を繰り返し開け閉めすることによって、ヒンジの中を通る薄いフレックスディスプレイケーブルが破損することにあると考えられると報じた。

 Appleはこの問題を認めていない。iFixitによると、修理するにはディスプレイ全体を交換する必要があり、700ドル(約7万8000円)の費用がかかるという。ケーブルがディスプレイコントローラボードにはんだ付けされているためだ。

 しかし、iFixitは米国時間3月4日、2018年版のMacBook Proのディスプレイケーブルは2mm長くなっており、端末を開いたときの負荷が軽減されるため、この問題が解決されている可能性があると報じた。iFixitのエンジニアであるTaylor Dixon氏は、自身はこの問題を経験していないため、原因や解決されているのかどうかを確認できなかったと述べた。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが直ちに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]