logo

SpaceXの宇宙船「Crew Dragon」、ISSとのドッキングに成功

JACKSON RYAN (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年03月04日 11時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SpaceXが米国時間3月2日早朝に打ち上げた宇宙船「Crew Dragon」が、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに成功した。宇宙飛行士を宇宙へ送り出す計画に向けて、また新たに小さな一歩を踏み出した形だ。

提供:SpaceX
提供:SpaceX

 「Falcon 9」ロケットの先端に取り付けられたCrew Dragonは、東部標準時3月2日の午前2時49分にフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた。この打ち上げは、今後1週間かけてカプセルの能力をテストする「Demo-1」ミッションの第1段階だったが、これは始まりにすぎない。

 人間は搭乗していない。Crew Dragon内に搭載されたのは、「Ripley」というニックネームが付けられたダミーの乗員と、カプセルが無重力に達した時にそれが分かるように作られた、地球を擬人化したぬいぐるみだ。カプセルには、今後のミッションをシミュレーションするため、ISSのクルーへの補給物資や機材が400ポンド(約181kg)ほど積み込まれた。

 この画期的な打ち上げには、発射台「Pad 39A」が使われた。

 SpaceXの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は打ち上げ後の記者会見で、SpaceXチームと米航空宇宙局(NASA)の両方に感謝の意を表した。「正直なところ、私は精神的に少し疲れている」「大変な重圧だったが、うまくいった……今のところは」(Musk氏)

 カプセルは3月8日までISSにドッキングされた状態を維持し、その後、ほぼ間違いなく最も重要な部分となるデモンストレーションを開始する。それは、地球に無事帰還することだ。

 3月3日には、2011年以降閉め切られていたハッチが開き、カナダ人宇宙飛行士のDavid Saint-Jacques氏とロシア人宇宙飛行士のOleg Kononenko氏が、開かれた加圧接合装置を通ってISSの前端に進み出て、Crew Dragonに乗り込んだ。

 これは、人類が宇宙空間で初めてCrew Dragonに入った瞬間であり、2011年にNASAのスペースシャトル「Atlantis」がISSの前端にドッキングして以来、何かがこのハッチを通った初めての瞬間となった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]