logo

多数のアプリが「Siriショートカット」に対応--Siriの競争力強化へ

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月04日 10時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間2月28日、「Siriショートカット」とアプリの新たな連携を複数発表した。既に何千ものアプリがショートカットによって「Siri」と連携しており、今回、Caviar(食品配送)やMerriam Webster Dictionary(メリアムウェブスター辞典)、Airbnbなどのアプリが新たにそれに加わることになる。

SiriショートカットとKayakの連携
SiriショートカットとKayakの連携
提供:James Martin/CNET

 SiriKit(Siriとソフトウェアのもう1つの連携機能)も、「WhatsApp」でのメッセージング、Uberでの配車、PayPalでの決済、Pinterestでの写真検索などの用途に利用できる。

 短時間で多数の新機能をSiriにまとめることができるAppleの機能は、Siriのエコシステムに必要とされているカンフル剤になるはずだ。この機能のおかげで、「Alexa」や「Googleアシスタント」に改めて戦いを挑むことも可能になる。

 Siriショートカットは「iOS 12」の少数の場所に統合されていた。Appleは今回、ユーザーが有効にすべき新しいSiriショートカットを提案している(例えば、Caviarを通して、お気に入りのサンドイッチの注文を設定する、または、Merriam Webster Dictionaryを通して、今日の単語の通知を開始する)。それらの提案は、検索セクションと「iOS」の「設定」に追加されたほか、何千ものアプリ内にも表示される。

 新しいSiriショートカットアプリも開発された。これを使えば、Appleの「HomeKit」と連携するスマートホーム機器、Siriと連携するアプリの両方を統合可能な、より複雑なショートカットを作成することができる。

 Appleは28日、American Airlines、Dexcom、Caviar、Merriam Webster Dictionary、SpectreのSiriショートカットを追加したと述べた。3月から4月にかけて、Airbnb、Drop、ReSound、Smarterのショートカットも追加するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]