logo

カメラの祭典「CP+2019」開幕--フルサイズミラーレスなど新商品勢揃い

山川晶之 (編集部) 西中悠基 (編集部)2019年02月28日 12時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カメラ映像機器工業会(CIPA)は2月28日、総合カメラ映像イベント「CP+2019」を開幕した。3月3日までの4日間、神奈川県の横浜市にあるパシフィコ横浜と大さん橋ホールを舞台に、国内外のカメラやレンズ、アクセサリが一堂に集結する。

キャプション
「CP+2019」開幕

 CP+は、今年で10周年を迎えるイベント。これまで28種のワールドプレミア(世界初発表製品)が発信されており、昨年は6万8000人を動員した。従来のカメラマンやファンに留まらず、主に若い女性をターゲットとしたイベントも多く開催。週末にはフォトジェニックイベント「VINYL MUSEUM」がプロデュースした「インスタ映え」スポットが設置されるなど、「写真のわくわくに出会える場」として、広く来場者を集める。

 会場には、キヤノンやニコン、ソニー、ペンタックス(リコー)、富士フイルム、パナソニック、オリンパスといった主要カメラメーカーのほか、シグマ、タムロン、エプソン、EIZOといったレンズ、カメラ周辺機器メーカーが出展。このほか、フォトアクセサリアウトレットコーナーや中古カメラコーナーなども開催されている。

 新製品では、発表されたばかりのキヤノン「EOS RP」や、リコーの高級コンパクトカメラ「GRIII」、パナソニックの初フルサイズミラーレス「S1」「S1R」、富士フイルムは新作の「X-T30」、オリンパスのフラッグシップミラーレス「OM-D E-M1 X」、ソニーの新作レンズ「FE 135mm F1.8 GM」などを実際に試すことができる。

キヤノンは、新マウントを採用した「EOS R」シリーズから、2018年9月に発表されたEOS Rと、2019年2月に発表されたEOS RPを展示
キヤノンは、新マウントを採用した「EOS R」シリーズから、2018年9月に発表されたEOS Rと、2019年2月に発表されたEOS RPを展示
キャプション
パナソニックの「S1R」と「S1」
パナソニックやライカとの協業に取り組むシグマ。各社が採用するLマウントシステムや、Lマウントボディとシグマやキヤノンのレンズを接続できるマウントアダプタが展示されている
パナソニックやライカとの協業に取り組むシグマ。各社が採用するLマウントシステムや、Lマウントボディとシグマやキヤノンのレンズを接続できるマウントアダプタが展示されている
ニコンでは、ミラーレスカメラ用マウント「Zマウント」用として開発中の、「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示。同社の技術の粋を集めた製品だ
ニコンでは、ミラーレスカメラ用マウント「Zマウント」用として開発中の、「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を展示。同社の技術の粋を集めた製品だ
タムロンは、17-28mm F/2.8 Di III RXDなどの新製品を展示。体験することはできないが、重量を体感できるモデルが別途展示されている
タムロンは、17-28mm F/2.8 Di III RXDなどの新製品を展示。体験することはできないが、重量を体感できるモデルが別途展示されている

 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]