logo

ヤマハ、成田国際空港で「仮眠システム」のトライアル--快眠音で短時間入眠をサポート

加納恵 (編集部)2019年02月27日 18時23分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは2月27日、成田国際空港内の「NARITA PREMIER LOUNGE(ナリタ プレミア ラウンジ)」に「仮眠システム」のプロトタイプを設置したと発表した。快眠音やノイズマスキングなどで快適な入眠、目覚めをサポートする。設置期間は3月28日まで。NARITA PREMIER LOUNGE利用者が対象になる。

「仮眠システム」
「仮眠システム」
「NARITA PREMIER LOUNGE」内に2台設置する
「NARITA PREMIER LOUNGE」内に2台設置する

 仮眠システムは、生体リズムに連動した快眠音で短時間での入眠をサポートするほか、環境ノイズをマスキングし、静かな眠りを提供。リクライニングチェアとパーソナルなスペース設計で、プライベート空間を確保できる。

 最長30分の仮眠に対応し、アラームには、ストレスを感じやすい高い周波数帯域を最初はカットして、徐々に音量を大きくするヤマハ独自の「インテリアラーム」を採用。アプリから電源を入れて再生ボタンを押すだけの簡単操作で使用可能だ。

 今回、時差ぼけや睡眠不足が懸念される人々が多いと予想される国際空港で、トライアルを実施。プロトタイプ2台を設置し、体験を促すことで、システムの有用性の検証など、将来的な可能性を探っていくとしている。

システム概念図
システム概念図

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]