logo

スピーカーにミイラ隠す--エジプトの空港で発覚、密輸ならず

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月27日 11時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 刃物の持ち込み禁止。引火性液体の持ち込み禁止。ミイラの持ち込みも禁止。

 エジプトの考古省は現地時間2月24日、カイロ国際空港からベルギーへ向かう乗客の荷物にあったスピーカーの内部からミイラ化した遺骸を発見したと発表した。

Ministry of Antiquities
このスピーカーは、エジプトからミイラ化した遺骸を密輸する企てで使用された
提供:Ministry of Antiquities

 同空港のX線検査により、2体の異なるミイラの一部が隠されていることが判明した。遺骸には2つの足(足首から先の部分)、2本の脚、1つの手の下部、1本の腕、そして胴体の一部が含まれていた。

Ministry of Antiquities
エジプトは、これらのミイラ化した遺骸が同国から持ち出される前に回収した
提供:Ministry of Antiquities

 同省は、中身の確認の際に壊された1組の大きなスピーカーの写真を公開した。

 エジプト当局はミイラを押収し、復元のためカイロにあるエジプト考古学博物館へ運んだ。

 1983年にエジプトで制定された文化財保護法により、密輸への刑罰が厳しくなり、重労働を含む懲役刑と多額の罰金が科されることになった。

 エジプトは長年にわたって、同国からの古代の遺跡物や工芸品の不法な持ち出しに対処してきた。15日、ニューユークにあるメトロポリタン美術館は、所蔵していた金箔の棺が2011年にエジプトから盗まれたものだと判明したことから、同国政府に棺を返還すると発表した。この棺は、現在も開催中の展示会の最大の呼び物とされていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]