logo

多眼カメラ開発のLight、ソニーとスマホ向け画像処理ソリューションを共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォン向け多眼カメラ技術を手がけるLightは、ソニーセミコンダクタソリューションズと提携し、複数イメージセンサー対応ソリューションの開発と販売で協力すると発表した。

カメラモジュールが16個あるL16(出典:Light)
カメラモジュールが16個あるL16(出典:Light)

 Lightは、多数のカメラモジュールを連動させて1枚の写真を撮る、特殊なカメラの開発企業。たとえば、同社の「L16」は、カメラモジュールを16個搭載する。

 複数のカメラで同時に取得した画像を合成すると、撮影後でもピントや被写界深度の変更が可能になる。さらに、画角内にある対象物までの深度情報も得られるため、自動車に搭載する距離センサーなどへの応用も考えられる。

自動車用センサーとしての応用も(出典:Light)
自動車用センサーとしての応用も(出典:Light)

 Lightはソニーとの提携を通じ、マルチイメージセンサーによる画像処理ソリューションのリファレンスデザインを開発し、顧客やパートナーへ提供していく。特に、カメラモジュールを4個以上搭載するスマートフォン向けの多眼カメラアプリケーションに注力する計画。

 なお、Lightに対しては、ソフトバンクの投資ファンドSoftBank Vision Fundなども出資している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]