logo

SMBC日興証券、メディアと株取引が融合した「FROGGY」--500円から購入可能

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SMBC日興証券は2月15日、投資とお金に関する情報メディアとして提供してきた「FROGGY」において、500円から株を売買できる「個別株の取引機能」を実装したと発表した。これにより、記事を読みながら株の売買ができる日本初の投資サービスになるという。

キャプション

 FROGGYは、さまざまな切り口で企業を紹介した記事や、お金についての知識が得られる記事など、700本以上のコンテンツを掲載。すべて無料で閲覧できる。また、既存の投資サービス開発の延長線上ではなく、「記事からそのまま株が買える」をコンセプトにサービスを開発した。

 同サービスでは、掲載される記事から「気になる銘柄と出会い」「学びながら」「そのまま株を売買する」という新たな投資プロセスを提供。記事には、株価グラフ・売買ボタン・銘柄詳細ボタンが表示される仕組みになっており、売買ボタンをタップするとそのまま注文画面に進む。銘柄詳細ボタンをタップすると現在の株価や投資指標が一覧になったページに飛ぶことができる。

 また、東証に上場している約3700銘柄を500円から金額指定で購入でき、単元株単位の取引体系を刷新。株購入時の取引手数料については、大手証券会社として初めて100万円までの取引コストを無料に設定。売買方式として、取引金額が売買のタイミングに左右されにくい「VWAPトレード方式」を採用した。

 取引に関連した画面(企業詳細ページ・売買画面など)は、余計な情報を極力減らし、ユーザーの意見をもとにシンプルでわかりやすいデザインを目指した。また、メディアについては更新を続け、新連載も計画中。さらに、市況や利用者の状態に応じて、コンテンツが推薦される仕組みも導入する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]