logo

Huluと日本ケーブルテレビ連盟が連携--ケーブルテレビ局から入会手続き

加納恵 (編集部)2019年02月14日 16時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Huluを運営するHJホールディングスは2月14日、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟と連携し、ケーブルテレビ業界の共通ID連携基盤「ケーブルIDプラットフォーム」を利用した取り組みを開始すると発表した。全国のケーブルテレビ局でHuluの入会手続きが簡単になるほか、月額料金をケーブルテレビの料金とまとめて支払える。3月15日にスタートし、以降順次全国のケーブルテレビ局で開始する。

 ケーブルIDプラットフォームは、ケーブルテレビ各社が管理する顧客ID(個社ID)を業界共通のIDとして管理するプラットフォーム。2017年7月にスタートし、2021年度に500万ユーザー、将来的には1000万ユーザーの利用を目指す。

 HuluはケーブルIDプラットフォームを活用した初の動画配信サービスになるとのこと。PCやスマートフォン、タブレットなど従来の視聴機器に加え、ケーブルテレビ局が準備するHuluが視聴可能なセットトップボックス(STB)での視聴も可能になる。また、導入局ではHuluの新規申込特典に加え、セットプランの提供も検討している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]