logo

383gの小型・軽量ボディ--富士フイルム、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T30」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは2月14日、ミラーレスカメラ「X」シリーズの最新モデルとして、「FUJIFILM X-T30」を2019年3月下旬に発売すると発表した。

市場想定価格は、ボディ単体が10万9500円(税別)、XC15-45mmキットが12万4500円前後、XF18-55mmキットが15万9500円前後(税別)。

キャプション

 X-T30は、383gの小型・軽量ボディに最新の2610万画素の「X-Trans CMOS 4」センサー(APS-Cサイズ、ローパスフィルターレス)と高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載したミラーレスカメラ。撮影範囲全域を高精度に捉えるAF性能と、30コマ/秒の高速・静音連写性能により、幅広いシーンで活用できるという。

 なお、従来の「X-Trans CMOS III」では、拡張感度であったISO160を常用感度として使用可能。日中の屋外での撮影や明るいレンズでのボケを生かした撮影などで威力を発揮するという。

 既存の「FUJIFILM X-T20」の外観デザインを踏襲しつつ、ホールド性を高めた新形状のグリップ、レスポンス性能を向上させたタッチパネルディスプレイ(3.0型、3対2アスペクト)、素早いフォーカス操作が可能な「フォーカスレバー」を採用した。

 瞬時にフルオート撮影モードに切り替えられる「オートモード切替レバー」も備えている。

 さらに、独自の技術で多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に動画撮影に適した「ETERNA」を追加。さらに、「モノクロ」と「ACROS」では、暖色系・寒色系の調整が可能な「モノクロ調整」機能ができるほか、より深みのある色・階調の再現が可能な「カラークローム・エフェクト」機能も搭載し、多彩な写真表現が楽しめるという。

 動画は4K/30Pでの撮影に対応しているほか、ハイレゾリューション音質での録音や瞳追従機能を搭載し、本格的な映像制作ニーズに応えるとしている。

 外形寸法は、幅118.4mm×高さ82.8mm×奥行き46.8mm(最薄部31.9mm)。重量は、約383g(バッテリー、SDメモリーカード含む)/約333g(バッテリー、SDメモリーカード含まず)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]