logo

LinkedIn、動画をライブ配信できる「LinkedIn Live」をリリースへ--まずは米国でベータ提供

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月13日 14時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LinkedInがライブ動画機能のテストを行うようだ。

 LinkedInはこのたび、ユーザーや企業が特定のグループまたはLinkedInの広範なユーザー向けにリアルタイムで動画を配信できる機能「LinkedIn Live」の提供を開始する。米国時間2月11日早くにTechCrunchが報じた

 LinkedInによると、この機能はまず米国でベータ版が招待制で提供されるという。同社が実際に誰でもLinkedIn Liveを使って動画を作成できるようにするのかや、その時期については明らかにされていないが、同社はこのテスト版を使用したユーザーの体験を評価すると述べている。今後数週間のうちに、この機能を試用したいユーザーのために申請フォームが設けられる。

LinkedIn
LinkedInの一部のメンバーはリアルタイムで動画を配信できるようになる。
提供:Getty Images

 この機能は、会議、専門家の助言、インタビュー、そしてインフルエンサーや企業、メンター主催のイベントの配信を目的としている。

 この機能は、キャリアのための人脈作りのプラットフォームとして5億6200万人のユーザーを擁するLinkedInの最新の取り組みとなる。同社は2018年11月、Facebookのイベント機能のように、ユーザーが実際に行うイベントを企画し、LinkedIn上でつながりを持っている人を招待できる「LinkedIn Events」機能を検証していると発表した

 LinkedInは、Telestream Wirecast、Switcher Studio、Wowza、Socialive、Brandliveといった複数のサードパーティーのライブ配信ツールの開発業者と提携し、LinkedIn Liveのパフォーマンスを確実なものにしようとしている。この機能を利用すれば、ユーザーはデスクトップアプリやモバイルアプリを通じて、複数の方法でライブ配信できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]