logo

OB訪問を“副業”にする新卒リファラル採用サービス「就活メンターズ」

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2019年03月05日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Orarioは3月5日、新卒に特化したリファラル採用サービス「就活メンターズ」をリリースした。

リファラル採用サービス「就活メンターズ」
リファラル採用サービス「就活メンターズ」

 就活メンターズは、ビジネスの最前線で活躍する社会人と就活生のマッチングサービス。学生は、審査を通過した第一線で活躍するメンターの中から希望メンターを選び、長期的な就活サポートを受けられる。一般的な人材紹介と違い、キャリアアドバイザーを自分で指名できるほか、メンターは企業で活躍する現場の社会人なため、中立的な支援を受けられるとしている。

 メンターは、メンタリングを通じて学生の特性を把握した上で、適していると考えられる求人企業に対して推薦文を送ることができる。担当学生の入社が決まった際には、お祝い金(10万円〜)がメンターに支払われる。メンタリングは学生の課題に応じて「自己分析・ES添削・面談練習など」を実施するという。これは対面に限らず、ビデオ通話、チャットでも可能。

サービスのイメージ
サービスのイメージ

 そして企業は、求める人材の求人情報を掲載するだけなので運用コストを下げられるとしている。メンターからの学生の推薦を「承認・見送り」で選択することで、求める人材に近い学生のみ採用プロセスに進めることができる。これにより従来の採用活動におけるスクリーニングやスカウトといった工数を削減できるとしている。

 なお、求人情報の掲載は無料だが、内定が決まった際に料金の支払いが発生する成果報酬型のため、辞退が発生した場合には料金を返金する。また、内定後の入社フォローまでを信頼のおけるメンターとともに行うことで、内定辞退を抑止するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]