logo

MS、ゲーム開発部門の名称をMicrosoft StudiosからXbox Game Studiosに変更

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年02月07日 12時04分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが米国時間2月5日、ゲーム開発部門であるMicrosoft Studiosの名前を変更したことを明らかにした。この名称変更は、「Xbox」ブランドが「そのルーツ(コンソール機)を超えて」拡大している状況を反映したものだという。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 新名称のXbox Game Studiosは、Xboxブランドをそのルーツにあるコンソール機以外のプラットフォームに展開するという同社の野心を示すものだ。Microsoftは近年、すべての自社タイトルでPC版をリリースしている。また、「Xbox Live」のサポートを「iOS」「Android」「Nintendo Switch」に広げる計画があることが、3月に開催されるゲームカンファレンスのスケジュールから明らかになっている。

 Xbox Game Studiosはゲームの開発にあたる13のチームで構成されており、これらのチームが「Age of Empires」「Forza」「Gears of War」「Halo」「Minecraft」といった主要シリーズを担当していると、バイスプレジデントのMatt Booty氏はブログの投稿で説明した。

 2018年のMicrosoftは、ゲームスタジオの買収にきわめて積極的だった。しかし、新たに加わったメンバーがどのようなプロジェクトに携わっているのかについて、Booty氏が秘密を漏らすことはなかった。その一部は、Xbox Oneの後継機向けのゲーム開発に関わっている可能性もある。

 一方でBooty氏は、今後発売される予定の大型タイトルについては、Xbox OneおよびPC版が発表される点(加えてサブスクリプションサービスの「Xbox Game Pass」経由でもプレイ可能な点)を盛んにアピールした。これらのタイトルには「Crackdown 3」(2月15日に発売予定)「Gears 5」「Ori and the Will of the Wisps」などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]