logo

新しい絵文字230種類、性別配慮や障害者関連、民族衣装も--2019年中に登場へ

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 桑井章裕 長谷睦 (ガリレオ)2019年02月07日 12時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Unicode Consortiumが、新たに絵文字230種類を承認した。2019年中に「iOS」や「Android」などのプラットフォームに登場する予定だ。

絵文字
提供:Emojipedia

 新しい絵文字には、さまざまなジェンダーや肌の色を持つカップルが手を握っている絵柄を描いたものがある。決まったジェンダーに属さないユーザー向けに、ジェンダーインクルーシブなカップルの絵柄も用意されている。さらに、障害のある人たちを表す絵文字についても種類が増えた。さまざまな肌の色の聴覚障害者、義肢、介助犬などがある。

 ニンニク、カワウソ、インドなどの女性が着る民族衣装のサリー、白いハート型(Emojipediaによれば最もリクエストの多い絵文字の1つだったという)などもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]