logo

JVC、試合のスコアを表示できるビデオカメラ--屋外でも使いやすい4つの保護性能

加納恵 (編集部)2019年02月06日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは2月6日、JVCブランドから、ビデオカメラ「Everio」にテレビ中継のようなスコア表示付き映像の撮影ができる「GZ‐RX685J」を発表した。撮影中の映像に試合のスコアを表示、記録することが可能だ。発売は2月中旬。想定税別価格6万円前後になる。

「GZ‐RX685J」。ブラッドオレンジ、マットブラックの2色を用意
「GZ‐RX685J」。ブラッドオレンジ、マットブラックの2色を用意

 GZ‐RX685Jは、スコア表示付き映像の撮影ができる「teamnote」連携機能を搭載。これは、スポーツチーム向けコミュニケーションアプリteamnoteと、野球、バスケットボール、サッカーなど競技別のスコア入力アプリ「teamnote SPORTS」シリーズを連携させたもの。JVCケンウッドでは、2018年3月にteamnoteサービスを開始している。

撮影中の映像に試合のスコアを表示、記録できる
撮影中の映像に試合のスコアを表示、記録できる

 本体には、防水、防塵、耐衝撃、耐低温の4つの保護性能「QUAD PROOF(クワッド・プルーフ)」を備え、防水、防塵性能を確保。1.5メートルの耐衝撃性能とマイナス10℃の耐低温性能を装備し、雨や砂埃など、屋外での使用に対応する。

 大容量バッテリーを内蔵し、連続撮影約4時間20分を実現。モバイルバッテリーからの充電にも対応するほか、内蔵バッテリーからスマートフォンへの給電も可能だ。

 Wi-Fiを備え、スマートフォン専用アプリteamnote、teamnote SPORTSの連携に加え、タブレット専用アプリケーション「JVC CAM Coach 2」との連携も可能だ。

 総画素数251万画素の高感度裏面照射CMOSセンサーを搭載し、光学40倍、ダイナミック60倍ズームでの撮影を実現。パワードモード搭載の電子式手ブレ補正により、手ブレのないクリアな撮影をサポートする。64GBの内蔵メモリーとSDカードスロットを装備。ホールド感と安定感に優れた「Y字グリップベルト」も採用する。

 サイズは、高さ59.5mm×幅60mm×奥行き128mmで、重量約306g(内蔵バッテリー含む)。ブラッドオレンジ、マットブラックの2色を用意する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]