logo

“手ぶら”で購入できる無人販売機--パナソニックとLiquidが共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックとLiquidは2月1日、手ぶらで商品が購入できるソリューション「無人販売ショーケース」を共同開発したと発表した。また、三菱地所大手町ビルにオープンした「Inspired.Lab」において実証実験を開始する。

キャプション
パナソニックとLiquidが共同開発した「無人販売ショーケース」

 この無人販売機は、パナソニックが持つRFID技術とLiquidが持つ生体認証技術を組み合わせたもの。ユーザーは、販売機に設置されたリーダーに指をかざし、事前にLiquidのサーバーに登録した指紋と一致すれば、販売機のドアロックが解除される。商品にはRFIDが貼られており、手に取って扉を閉めると庫内をスキャンし、持ち出した商品を判別する。

 画面には、購入する商品名と合計金額が表示され、問題なければ1タップで購入が完了する。代金は、Liquidが提供する生体認証と連動した決済ソリューション「PASS」を通じ、指紋と紐づけられた銀行口座などから引き落とされる。このため、現金やスマートフォンなしに手ぶらで決済が完了するほか、Liquidを導入する店舗や販売機であれば、どこでも指紋のみで支払いが完了する。

キャプション
現金やスマートフォンを持たずに決済可能

 両社によると、労働力不足から社会の省力化・無人化に対する意識が高まっており、特に物流や小売業では、商品の個品管理が可能なRFIDタグや、生体認証デバイスの活用も年々増加しているという。今回の無人販売機では、従来のセルフ形式での商品バーコードの読み取りや、漏洩が心配なパスワードの入力、カードの紛失などから解放されるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]