logo

次期「iPhone」、USB-Cポートや3つの背面カメラを搭載か

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月31日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 次期「iPhone」には特にカメラに関する新しいハードウェアや機能がいくつか搭載される可能性があるという。Bloombergが米国時間1月30日に報じた。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 Appleの「iPhone」は、世界で特に人気と認知度が高いデバイスの1つだ。しかし、長年の着実な成長を経て、Appleは残念な2019年度第1四半期決算を発表した。iPhoneの売上高は520億ドルで、前年同期から15%減少した。「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の後継機種に魅力的な機能を追加すれば、スマートフォンをアップグレードするユーザーが増え、Appleの売上拡大とこの不振からの脱却につながるかもしれない。

 Bloombergが「この計画に詳しい」複数の人物の話として報じたところによると、iPhone XS Maxの後継機には、現行の2つではなく3つの背面カメラが搭載される可能性があるという。3つ目のカメラは、現行のiPhoneに搭載されているカメラよりも強力なズーム、高い解像度、広い視野角を提供するようだ。

 さらに、2020年のiPhoneには、背面に3Dカメラが搭載される可能性もある(現行のiPhoneは前面に3Dカメラを搭載する)。この新しいアップデートにより、iPhoneのカメラはレーザーを通して距離を検知し、奥行きを測定できるようになるかもしれない。そうなれば、iPhoneは拡張現実(AR)のアプリや機能をより効果的に処理できるようになるだろう。

 今回の報道によると、AppleはUSB-Cポートを備えた2019年版のiPhoneもテストしているという。ほとんどのiPhoneには、Apple独自の「Lightning」ポートが搭載されている。LightningからUSB-Cへの変更が実現すれば、Appleにとって注目すべき動きとなり、iPhoneとサードパーティー製アクセサリおよび「Android」スマートフォンの親和性が高まるだろう。

Bloombergが報じたその他のうわさ

  • Appleはおよそ10インチの画面とLightningポートを搭載する低価格のiPadをリリースする計画だ
  • Appleは、2015年以来アップデートされていないiPad miniの新バージョンをリリースする計画だ
  • iOS 13にはダークモードが搭載される
  • iOS 13ではiPadに特化したアップデートも追加される
  • iOS 13には、雑誌購読サービスとオリジナル動画コンテンツに関する新しい2つのサービスが追加される

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]