logo

アップル、第1四半期決算を発表--「iPhone」売上高は15%減

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2019年01月30日 12時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間1月29日、2019会計年度第1四半期決算(2018年10~12月期)を発表した。市場の予測に沿った内容となった。「iPhone」の売上高は前年同期比で15%減少したが、サービスの売上高は過去最高の109億ドル(前年同期比19%増)となった。

 第1四半期の売上高は843億ドル(前年同期比5%減)で、非GAAPベースの利益は1株あたり4.18ドルだった。

 アナリストらは、売上高を840億ドル、1株あたりの利益を4.17ドルと予測していた。

 最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は、声明の中で次のように述べた。「当社の売上予想に届かなかったのは残念だが、われわれは長期的にAppleを経営しており、第1四半期の結果はわれわれの事業の基礎をなす力が深く広く続いていることを示すものだ」「第1四半期における、アクティブなデバイスのインストールベースは過去最高の14億台に到達し、当社が定めるどの地理セグメントでも増加した。これは顧客の満足と忠誠心の素晴らしい証しであり、巨大で急成長するエコシステムのおかげで、当社のサービス事業の新記録がもたらされた」

Apple

 iPhoneの売上高は減少したが、それ以外の製品とサービスの売上高の合計は19%増加した。「Mac」は9%増、「ウェアラブル/ホーム/アクセサリ」は33%増、「iPad」は17%増だった。

 第1四半期の米国市場以外の売上比率は62%だった。

 Appleの四半期末における純現金(ネットキャッシュ)収支は1300億ドルだった。同社は将来的に、「ネットキャッシュニュートラル」を目指している。

 Appleは、第2四半期の売上高を550億~590億ドルと予想している。アナリストらの予測は589億9000万ドルだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]