logo

LIR、VRを活用した3D内覧システムを全支店に導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターナショナルリアルティ(LIR)は1月29日、VR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を、全支店に導入したと発表した。


 これは、米Matterportが提供する、3Dスキャンカメラと画像合成処理を含む配信クラウドサービスで、同社の「Matterport True3D」技術がベースとなっている。

 従来のVR映像に比べ、より高度な3Dカメラ技術と画像合成処理技術を採用し、現実の室内空間の中を実際に歩いているかのような体験を、正確な距離感とともに映像で再現。ウェブサイト上での閲覧のほか、手持ちのスマートグラスを利用して、よりリアルな物件映像の閲覧も可能だ。

 試験導入としてVR内覧を公開し、成約となった武蔵小杉の物件は、約1カ月で180件の閲覧があり、現地見学の2組も、事前にネット上で物件の3D画像を閲覧していたという。

 本システムは現在、LIRが販売している戸建、マンションのうち、約60の物件に導入しており、今後も随時、LIRが取り扱う物件に導入していく予定だ。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]