logo

空きスペースを探して自動で駐車してくれるロボット、英ガトウィック空港が試験導入

Andrew Krok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月29日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次に会う空港の駐車係はStanという名前で、しかもロボットかもしれない。

 英ガトウィック空港はこのたび、Stanley Roboticsの自動駐車ロボット「Stan」を試験プログラムで使用し、同空港の駐車場にどのくらい多くの車を駐車できるかを見極めると発表した。このトライアルは、ホリデーシーズンの多忙な時期に合わせて、2019年8月より同空港が備える長期駐車場の「Zone B」で3カ月間行われる予定。

 ドライバーがすべきことは、所定の位置に自分の車を駐車し、タッチスクリーンを操作してStanを呼び出すだけだ。車はスキャンによってサイズを判定される。その後、Stanは車を台に載せ、その車に適したスペースまで運ぶ。このロボットは電動で、GPSを利用して駐車位置を決定する。

 所有者がドアを開閉する必要がないため、通常よりも多くの車を駐車できるというこのテクノロジを試す空港は、ガトウィックが初めてではない。Stanはフランスのシャルル・ド・ゴール国際空港やリヨン・サン=テグジュペリ国際空港、ドイツのデュッセルドルフ国際空港ですでに試験導入を終えている。

 駐車は決して楽しいことではない。数百万台の車で溢れている都会の狭い路上であれ、たんに空港で駐車スペースを見つけようとしているものの遠く離れた場所にしか空きがないときであれ、移動に関連したフラストレーションがこのとても便利なロボットによって軽減されるかもしれない。さらに良いことに、この駐車係にはチップを払わなくていいのだ。

Stanley Robotics
2018年12月にガトウィック空港に侵入してニュースになったドローンとは異なり、このロボットは空港の滑走路が閉鎖される事態を引き起こすことはないだろう
提供:Stanley Robotics

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]