logo

イタンジ、「ぶっかくん」に音声認識機能を追加--応答時間を56%短縮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタンジは1月28日、不動産賃貸管理会社向け空室確認サービス「ぶっかくん」に、音声認識機能を追加した。

 ぶっかくんは、仲介会社からの物件確認や物件情報に関する電話に自動応答する、不動産賃貸管理会社向けのシステム。これまでは、ダイヤルのプッシュ操作により物件を特定して自動応答するサービスを採用していた。

 今回、音声認識を実装することで、これまでの応答時間からさらに56%短縮し、デバイス操作の苦手なユーザーや外出先にいるユーザーでも、手軽に操作可能になるという。

 また、音声認識のデータ化により把握した顧客ニーズを、同社の申込業務支援サービス「申込受付くん」のデータなどと融合させることで、自動化できる回答を増やし、ぶっかくん導入企業の生産性向上と、サービス全体の利便性の向上につなげていきたい考えだ。

「ぶっかくん」音声認識機能
「ぶっかくん」音声認識機能
BCCリサーチ社「音声認識技術の世界市場規模」
BCCリサーチ社「音声認識技術の世界市場規模」
「ぶっかくん」
「ぶっかくん」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]