logo

JR東日本の駅ナカ9店舗で事前注文・決済アプリ「O:der」の実証実験が開始

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2019年01月28日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR東日本スタートアップとShowcase Gigは1月28日、日本レストランエンタプライズとジェイアール東日本フードビジネスが運営する駅ナカの飲食9店舗で、Showcase Gigが提供する事前注文・決済アプリ「O:der」を導入し、実証実験を開始すると発表した。

キャプション

 この実験は、2018年10月の両社の資本業務提携を受けスタートした、JR東日本グループの駅ナカ施設の混雑緩和やキャッシュレス化を図るための第1弾の取り組みになる。JR東日本グループが運営するターミナル駅などでは、終日人が往来するため、駅ナカの飲食店では混雑や行列から店舗の利用を諦めることを余儀なくされるケースも珍しくないという。

 そこで、JR東日本グループとShowcase GigはO:derを活用し、駅ナカ店舗の利用者が店頭で並ぶことなく、キャッシュレスで商品を受け取れるサービスを開始する。利用者は、専用のウェブサイトから事前に注文と決済をすることで、乗車前や降車後に待たずに弁当やハンバーガー、おむすびなどを受け取ることが可能になる。店舗としても、口頭注文や会計といったオペレーションの軽減により、スムーズな商品提供を可能にするとともに、混雑や行列による機会損失の防止が見込めるとしている。

キャプション

 今後は第2弾として、店頭で注文と決済が可能なSuica対応のセルフ注文端末を共同で開発し、今春を目途に実店舗での試験的な導入も開始予定。モバイルオーダーとセルフ注文端末の両方を導入することで、利用者がレジを介さずにスムーズに注文と決済ができる環境を整えるとともに、店舗スタッフが調理や商品提供に集中できる店舗オペレーション整備を進めることで、店舗運営のさらなる効率化と将来的な省人化を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]