logo

パナソニック、Google アシスタント搭載のノイズキャンセリングヘッドホン

加納恵 (編集部)2019年01月24日 16時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月24日、Google アシスタントを搭載したBluetoothヘッドホン「RP-HD610N」を発表した。ハイレゾ相当のワイヤレス接続にも対応する。発売は2月22日。想定価格は3万3000円前後。

「RP-HD610N
「RP-HD610N

 RP-HD610Nは、耳元のアクションボタンを押して話しかけるだけで、Google アシスタントが起動する対応モデル。道案内やスケジュール確認など、スマートフォンを取り出すことなく、音声だけで確認が可能だ。

 新アプリ「Panasonic Audio Connect」(無料)に対応し、Bluetooth接続の設定や変更、バッテリー残量の確認まで、アプリ上から状況把握できる。

 オーディオコーデックはSBC、AAC、aptXに加え、aptX HD、LDACまでサポートし、ワイヤレス再生でもハイレゾ相当の高音質再生を実現。High、Medium、Lowの3つのノイズキャンセルモードを搭載したほか、ヘッドホンを外すことなく周囲の音を聞くことができるボイススルー機能も備える。

 連続再生時間は約24時間。15分充電で約2時間の再生ができる急速充電対応となっている。スイーベル&折りたたみ機構」で持ち運びもしやすい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]